So-net無料ブログ作成

マッキントッシュ C200導入 [オーディオ]

 スピーカーはJBL、アンプはマッキンと決めてオーディオ機器を揃えたが、
それが、ベストだったかどうかは分からない。
ただ、今の音が自分が癒される音であることは間違えが無い。
今回、12年ぶりにプリアンプを入れ替えた。今まで使っていたC100に特に不満は
なかったが、C200の音も是非聴いてみてみたかったからだ。
以前、最新モデルのC50も試聴機を借りて聴いてみたが、何だかピンと来なかった
ので30分聴いて送り返した。
さて、C200を聴いた感想だが、基本的にはC100の延長であるのだが、SN比は
かなり上がっていて報量も多い。
ただ、ヴォーカルものなどを聴くと、音の”艶”が無くなっていて官能的なところでが
少しばかり劣る。
ただ、1日聴いていたら気にならなくなったので、自分の耳もいい加減なものだ。

 DSCF3328.JPG

我が家から離れたC100だが、実家のALTECにつないだ。
ALTECの音は懐かしく、また、オーディオの奥深さを実感させてくれる音だ。PAP_0002.JPG


nice!(2)  コメント(0) 

DENON DP-80修理 [オーディオ]

 久々の更新である。
もう二ヶ月ほど前になるが、回転が不調であったDP-80を修理に出した。
DP-80は1978年8月から製造されており、もう37年前の製品になる。
その修理を受け付けてくれる、DENON殿には本当に感謝しなければいけない。
家電で30年前の製品の修理を受け付けてくれるメーカーはまず無い。
趣味性の高いオーディオだからこそであるが、それを放棄しているメーカーは少なくない。
唯一信頼おける日本のメーカーはLUX、アキュ、DENONくらいではないか?
ガレージ的なとこで言えばIKEDA、SAECも面倒見はいいメーカーである。

小生はマッキンのアンプを愛用しているが、 MC2500をエレクトリで修理したばかりだ。
後20年は付き合っていただくつもりだ。

DSCF3321.JPGDSCF3322.JPGDSCF3324.JPGDSCF3327.JPG


nice!(2)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。