So-net無料ブログ作成
The Eagles ブログトップ

EAGLES 『Hotel California 』 [The Eagles]

今日はEAGLES『Hotel California 』。1976年の発売。

夏の日の夕暮に聴きたいアルバムですね。
これも盤も数々の名曲が収録されていますが、やはりNo.1はタイトル曲
の『Hotel California』ではないでしょうか。
なかでも、間奏でのツイン・ギターは、ほんとカッコイイですね。
カラオケでたまにエアーギターやってます(笑)

レコード漁りの中で、ありそうで中々お目にかかれないのが、Eaglesの
UK盤です。特に初期の作品はレアです。
デビュー当時の彼らのプロデュサー兼録音エンジニアは、グリン・ジョーンズ
でした。彼はビートルズのレット・イット・ビーのアルバム編集を一度任され
ましたが、メンバー(ジョン?)の判断でNGとなり、グリン・ジョーンズ版
レット・イット~はお蔵入りとなってしましましたことで良く知られています。
BOOTでは名盤でよく出回ってます。。。その後、フィル・スペクターの手に
より編集されこの世に発売されまた。
また、『ZEP Ⅰ』もジョーンズの録音でしたが、ジミー・ペイジとのウマが合わず
に、自作からは決別してしまったということです。

さて、話を戻して、EAGLESはアメリカのバンドでしたが、ジョーンズの意向で
イギリスでセッション&録音が行われました。
その現場での話で、ドン・ヘンリーがジョーンズに
『俺の叩くドラムをジョン・ボーナムのようにド迫力で録音してくれよ』と頼んだところ
『お前が、ボンゾ並みに叩けたらなっ』と軽くあしらったというエピソードがあります。

この『Hotel California』はジョーンズによるものではなく、ビル・シムジクの
プロデュースです。彼は3作目の『ボーダー・ライン』からプロデュースを担当し
EAGLESの音楽性は、初期のアメリカン・ルーツ・ロックからハード・ロックへと
移行していきました。

アナログ盤の紹介です。
ホテルは実在のもので実名は『ビバリー・ヒルズ・ホテル』
ジャケはゲイト・フォールド使用ですが、コーティングは有りません。

P5150031.JPG

P5150033.JPG

内ジャケです。ここには2階の窓に”例の者”が写ってます。

P5150036.JPG

インナー・スリーブは厚手のしっかりしたものです。

P5150040.JPG

初期盤にはポスターが付いていました。

P5150041.JPG

P5150044.JPGP5150046.JPG


nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

The Eagles Hotel California 1976 live [The Eagles]

PB220015.JPG

The Eagles Hotel California 1976 live


nice!(4) 
共通テーマ:アート
The Eagles ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。