So-net無料ブログ作成

2014 大晦日 [THE BEATLES]

今年もこのアルバムを聴く日がやってきた。1年の〆として聴くB面。
ただ、福岡は天気が大荒れで、『You Never Give Me your Money
の途中で雷がゴロゴロと鳴り出したので、聴くのを一時中断して、ブログでも
を書くことにした。まぁ、無いとは思うが、雷が近隣に落ちて、オーディオ
機器が壊れるのを避けるためだ。オーディオを聴かない時は、ブレーカーを
落としているが、雷が鳴るとコンセントも抜くことにしている。

月並みだが、1年経つのは本当に早い。年を重ねると尚更らだ。
ZEPのリマスターに始まり、THE BEATLESのアナログ盤で終わった感じ
がする。今年は、それに全力投球した。
来年は他にも手を伸ばすつもり。
2015も家族健康で大晦日を迎えたい。

DSCF3227.JPGDSCF3231.JPG


DSCF3241.JPG

DSCF3234.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ビートルズ 青盤 2014アナログ盤 [THE BEATLES]

 前回に引き続き青盤を聴き比べてみた。聴き比べた盤は赤盤と同じで・英国オリジナル
・2014アナログ盤・US盤。
曲は①『Strawberry Fields Forever』②『Penny Lane』③『While My Guitar
Gently Weeps
』④『Don't Let Me Down
先ずは英国盤から聴いてみる。
オリジナル盤は、もう、10年以上前に手にしたが、ほとんど聴いたことがなく、棚の中で
眠っていいた。今回は初めてちゃんと聴いてみたが、マジで目からウロコであった。
 ①は右スピーカーから放たれるストリングスの低音が、グイグイと迫ってきて、腹の底
まで響く。②は全体的にセンターによるが、各楽器の分離が良くVoが前に出てきて美
しい。特に③には驚いた。オリジナルではA面のラス2に位置しており音質的にには不利で
あったが、青盤では外周に録音されており、低音から高音まで伸びていて、この曲の
録音ではベストではないかと思った。すぐにホワイトのSTEREO盤で聴いてみたが、やはり
青盤の方がハイファイだ!これは、この曲を良い音で聴きたいと、切望していた小生的には
物凄い発見であった。④は2003年でリミックスされたネイキッドで、絶賛されていたが,
青盤の方が全然いい。ポールのベースの煽りが物凄い。
次に2014アナログ盤を聴いてみる。
オリジナル盤より、低音が伸びていることが分かる。但し、関心の③では高音に癖が
あり”さ行”が耳につく。これは小生のシステムによるところにもあるので改善はできる。
最後にUS盤。
赤盤が良かったので期待したが、青盤はイマイチ。ハイ上がりで低音がスカスカ。
今回、赤盤、青盤を真面目に聴いてみたのだが、オリジナル盤の録音の良さに
驚いた。また、選曲も良く何気にオリジナルと2014アナログ盤は全曲聴いてしまった。
MONO盤も良いが、小生が青春期に聴きまくったのはSTEREOであり、今回MONO
盤で行った手法でSTEREO盤も出してほしい。。。

DSCF3226.JPG


DSCF3215.JPG英国盤(MAT1/3/3/1)

DSCF3219.JPG2014アナログ

DSCF3221.JPGUS盤


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ビートルズ 赤盤 2014アナログ盤 [THE BEATLES]

先週末に注文していた、ビートルズの赤盤、青盤が届いたので早速、所有の盤
と聴き比べてみた。先ずは赤盤、聴き比べた盤は・英国オリジナル・2014盤・US盤
の3枚。曲はSide3の『Day Tripper』、『Drive My Car』の2曲を先ず聴き比べた。
感想を書く前に一言。
2010年に発売された赤盤CDは2009年にリマスターされた曲の寄せ集めであった。
それは『Drive My Car』を聴くと明白だ。オリジナルはSTEREOと言いながら
左右のスピーカーに演奏とヴォーカルがスパット分かれる泣き別れSTEREOだ。
しかし2010リマスター赤盤のSTEREOは87年にジョージ・マーチンにいより、リミッ
クスが施されヴォーカルと演奏がスピーカーの中央に寄せられたものであった。
つまり、2010赤盤はマスターテープをリマスターしたのではなく、2009リマスター
の寄せ集めであったわけだ。小生はこの87年リミックスである『HELP!』、と『Rubber
Soul』はエコー処理などに違和感が有りあまり好きではない。

前置きが長くなったが、今回のアナログ盤はオリジナルマスターテープからのカッテ
ィングとのネットからの情報があり、これに俄然興味が湧いた。ワーナーのアナウンス
は2010年リマスターからのカッティングであったので全然興味が湧かなかった。
それで、聴いた感想であるが、これは正にマスターテープからのカッティングであった。
低音から高音まで伸びており、音質的にも十分に納得の行くものであった。
カッティングレベルも2014Mono盤程低くない。オリジナル盤も聴いたが、これが、
また、音質が良くリマスター盤と比べても聴き分けが難しい。US盤は音の傾向が
英国盤とは違い中音が張り出しており、音質は硬質である。但し、これも十分に
良い音である。
今回の赤盤は87リマスターされた、『HELP!』、と『RubberSoul』からのオリジナル
STEREOの曲が収められた貴重なアナログ盤だと思う。

DSCF3192.JPG

DSCF3196.JPG英国オリジナル(MAT 1/1/3/1

DSCF3203.JPG2014アナログ盤

DSCF3209.JPGUS盤


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。